ウシのげっぷが地球を救うか?〜アルゼンチン〜

  • 2013.10.21 Monday
  • 19:44
まずはニュースから。

アルゼンチンで、ウシのげっぷを燃料にする新技術が開発されているらしい。

**************************以下記事より*******
[ブエノスアイレス 20日 ロイター] - アルゼンチンの研究チームが、温室効果ガス排出の削減につながるかもしれない新技術を開発した。ウシの「げっぷ」を燃料に変換するという画期的な方法だ。
アルゼンチン国立農牧技術院(INTA)の手によるこの新技術は、ウシの胃につないだチューブから消化ガスをタンクに集め、その後メタンガスを分離するというもの。メタンガスは、自動車や発電所などで使われている天然ガスの主成分。

INTAの動物生理学グループの責任者、ギレルモ・ベラ氏はロイターの取材に「(集めたガスを)圧縮すれば天然ガスと同じになる」と説明。「現段階では実用的なエネルギー源とは言えないが、化石燃料の埋蔵量が問題になる2050年という未来を見据えれば、代替手段になる」と述べた。

ウシは1頭当たり1日250─300リットルの純粋メタンを排出するが、これは冷蔵庫を24時間切らずに使うのに十分な量だという。

アルゼンチンは約5100万頭の肉牛を飼育する「ビーフ輸出大国」の1つ。INTAによると、同国の温室効果ガス排出量全体の30%がウシによるもの。メタンガスの温室効果は二酸化炭素の23倍に上るが、INTAは「それを抑える方法にもなる」としている。
**************************以上記事より*******

「原発反対!」という声とともに、問題になるのが、
「代替エネルギー」。
いつか、牧場主さんは太陽光発電のように、
うしのげっぷ燃料を売電できる日がくるかもしれない?

記事はロイターより→http://jp.reuters.com/news/oddlyEnough

さて、今日のお題!
FC2 トラックバックテーマ:「今年の冬に行きたい温泉は?」

町中から湯気が出ている温泉地に行きたい。
熱海とか、下呂温泉とか、城崎とか。
しかし、0歳児を連れて温泉。なかなかむずかしそう。
でも、ママ友さんたちは連れて行ってる。
「おしっこしない?」
とたずねると、
「家ではしないから大丈夫だと思う」
い〜や!!してると思うぞ!!
周りの人たちは、0歳児の温泉をどう思うのだろう。
ぜひ意見を聞いてみたい。

エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ

キレイになりたい☆エルセーヌ『選べる脱毛体験』

むくみ、たるみ、二重アゴに「小顔」体験キャンペーン!<エルセーヌ>

ニキビ集中ケア体験キャンペーン <エステのエルセーヌ>

エルセーヌ「骨盤ロマネスク脚やせ」体験キャンペーン

エルセーヌ 美を磨くコンテスト☆Twitterフォローし投票

エステのエルセーヌ特典つきの店舗限定エステ体験

NKSJひまわり生命保険「フェミニーヌ」







精密審美歯科センター











PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM